事前に知りたい家族葬にかかる予算

葬儀で後悔しないために

事前に知りたい家族葬にかかる予算

事前に知りたい家族葬にかかる予算 葬儀の様式も年とともに変わってきていて、かつてはご近所さんや生前親しかった方あるいはお仕事関係のお付き合いなどで参列者は多かったものですが、現在では本当に近しい人だけで行う方向へと進んできています。これに伴い葬儀にかかる費用も、かつてほどは多くなくなってきています。特にお身内だけで行う家族葬ともなると、費用は最も少ない部類に入ります。では具体的にはどの程度かかるかというと、おおよそトータルで100万円まではかからないという感じです。

広告を見ているともっと安くあげられるのではと意外に思われるかも知れません。しかし家族葬の場合でも、納棺には霊きゅう車を使いたいとか、葬儀までは祭壇でお祀りしておきたいなど、私たち一般が思うようなお弔いをしようとするとそれなりのお金はかかってきます。また外部の方へのおふるまいや香典返しなどが不要なだけ家族葬は費用が安く済みますが、一方で香典もありませんので全額自己負担になるという点も予算作りでは考慮しておかなければいけません。

葬儀スタッフの対応の良さを重視したい家族葬

葬儀スタッフの対応の良さを重視したい家族葬 家族葬は、家族だけ・親戚などを含める・生前お世話になった人や故人と生前仲が良かった人を含める、参列して欲しい人を選択して執り行うことができる魅力があります。そのため、人数が極端に少なくなることもあるわけで、葬儀会社からすると一般葬よりも利益そのものが確保しにくいなどの印象を抱きやすく対応があまり良くないところもあるようです。

しかしながら、家族葬を専門にしている葬儀社などの場合は、一般的なお葬式のときと葬儀スタッフの対応が全く変わらない、例え家族だけで行う家族葬でも親切丁寧を心掛けるなど対応が非常に良い葬儀会社も少なくありません。ちなみに、家族葬だけでなく一般的なお葬式などでも式場の施設や費用を気にされる人は多いかと思われますが、葬儀社の葬儀スタッフの対応は意外と見落としやすい部分でもあり、費用などだけでなく電話などで相談するときに確認しておくと良いでしょう。また、ネットの口コミなどを利用して実際に利用した人の評価もチェックしておくと安心です。

新着情報

◎2023/6/1

情報を更新しました。
>少人数で行われる家族葬が選ばれる理由を知る
>外国では古来から執り行われてきた家族葬が主流となる
>家族葬なら愛するペットも参加できる場合がある
>家族葬の歴史や生まれた背景について知りたい
>似ているようで異なる家族葬と密葬との違いは

◎2022/8/9

情報を追加しました。


>家族葬ではどのようなトラブルが発生するのか事前に把握しておこう
>家族葬で行われている特別な演出やプランについて
>家族葬を執り行うと決めた場合、参列者はどこまで呼んだら良いか
>家族葬に参列する人が守るべきマナーについて
>同じイメージがある家族葬と密葬との違いをチェック

◎2021/12/3

精進料理は小さなお葬式で選びたいのページを追加しました

◎2021/10/1

事前に知りたい家族葬にかかる予算のページを追加しました

◎2021/7/15

サイト公開しました

Copyright (C) 2021 葬儀で後悔しないために. All Rights Reserved.