満足度の高い家族葬を行うのに大切なポイント

葬儀で後悔しないために

家族葬に僧侶を派遣してくれる業者はどこ?

家族葬に僧侶を派遣してくれる業者はどこ? 寺院墓地などにお墓を持っている人は、そのお寺の檀家になっていて家族葬などでお葬式を行うときにはお坊さんが斎場や火葬場などに訪れてお経を唱えて貰うことができます。
このようなお寺のことを菩提寺と呼ぶのですが、最近では先祖代々のお墓ではなく別の場所にお墓を設置したり、後継ぎがいないなどの理由から納骨堂などを活用してお墓を用意される人も多くなっています。
菩提寺があれば家族葬のときにはその寺院の僧侶が駆けつけてくれるわけですが、ない場合には困ってしまうことになるわけです。
葬儀社の中には僧侶派遣サービスを利用して、家族葬などのお葬式の際にお経を唱えて貰えるお坊さんを手配してくれるところも少なくありません。
この派遣サービスに登録しているのは、一般的な寺院のお坊さんなどからもありがたいお経を唱えて貰える魅力もあるわけです。
ちなみに、このようは派遣サービスの中には偽物が存在しているなどからも、利用されるときには宗派をはじめ、お寺の有無と資格の保持などをチェックするようにしましょう。

家族葬だから香典返しは必要ない?香典業者と提携している葬儀会社なら安心

家族葬だから香典返しは必要ない?香典業者と提携している葬儀会社なら安心 同じ会社や地域などの亡くなった人との社会的な関係を重視し、各界から多くの人たちが参列する一般葬とは異なり、家族葬の場合には主として家族や親戚といった血縁関係のある身内だけが参列することになります。
そのため家族葬ではしばしば参列者からの香典の申し出を、遺族の側が辞退することがあります。
もっとも葬儀といえば香典が付き物というのが世間の常識となっていますので、こうした場合には葬儀の案内状などに香典辞退の旨が前もってアナウンスされているのがふつうです。
しかしもしも香典を受け付けるのであれば、一般的なマナーとしてやはり香典返しはしなければならないことになります。
葬儀社のなかには香典を取り扱っている商社や店舗などと提携しているところがありますので、香典返しが予定される場合には、家族葬のサポートはこうした葬儀社に依頼をしておくのが無難です。
多くの場合、香典としてふさわしい品物を詰め合わせたパッケージがカタログにいくつも掲載されていますので、そのなかから選ぶようにすれば間違いはないはずです。

新着情報

◎2023/6/1

情報を更新しました。
>少人数で行われる家族葬が選ばれる理由を知る
>外国では古来から執り行われてきた家族葬が主流となる
>家族葬なら愛するペットも参加できる場合がある
>家族葬の歴史や生まれた背景について知りたい
>似ているようで異なる家族葬と密葬との違いは

◎2022/8/9

情報を追加しました。


>家族葬ではどのようなトラブルが発生するのか事前に把握しておこう
>家族葬で行われている特別な演出やプランについて
>家族葬を執り行うと決めた場合、参列者はどこまで呼んだら良いか
>家族葬に参列する人が守るべきマナーについて
>同じイメージがある家族葬と密葬との違いをチェック

◎2021/12/3

精進料理は小さなお葬式で選びたいのページを追加しました

◎2021/10/1

事前に知りたい家族葬にかかる予算のページを追加しました

◎2021/7/15

サイト公開しました

Copyright (C) 2021 葬儀で後悔しないために. All Rights Reserved.