精進料理は小さなお葬式で選びたい

葬儀で後悔しないために

精進料理は小さなお葬式で選びたい

精進料理は小さなお葬式で選びたい お通夜のときなどに出される食事のことを通夜振る舞いと呼び、お通夜に参列してくれた弔問客に対して料理やお酒を振る舞うなど故人への供養になると古くから伝えられています。
一昔前までは、通夜振る舞いの食事では肉類の食材やネギなどのような香りが強いものを使わない精進料理が出されることが多くありましたが、これは仏教からの教えによるもの身内が他界したときには肉や魚などを食べてはならない、このようないい伝えが存在しています。
しかし、現代においてはこのような料理を見かけることは少なくなっており、故人の生前の好みなどが反映されたメニューが一般的です。
家族葬の場合は、他の弔問客がいないなどからも家族葬に訪れる人のニーズに合ったものを選べるメリットがあります。
精進料理などは年配の人々からの人気を集めるもの、一般的なお葬式では選択することが難しくても家族葬なら喜ばれる、しかも時間をかけて食事ができるメニューなど家族葬などに最適です。

家族葬に最適な斎場の探し方のポイントとは?

家族葬に最適な斎場の探し方のポイントとは? 葬儀はお通夜と告別式の2つに分けて行われるのが一般的、告別式には火葬式と呼ぶ火葬場で故人を火葬して骨拾いと骨壺への保管といった工程も含まれます。
火葬場は各自治体が指定しているところを利用することになりますが、故人が生前住んでいた住所を管轄する火葬場を使えば市民や区民割引といった形でリーズナブルな値段で火葬を執り行うことができます。
また、火葬場は火葬炉などがあるだけでなく葬儀場も完備しているところが多くありますので、人数などに応じてお通夜から告別式まで一連のお葬式を執り行うことも可能です。
家族葬は人数が少なく小さなお葬式で、一般的なお葬式よりも訪問客の数が少なく、斎場選びで苦労される人も多いのではないでしょうか。
家族葬も一つの葬儀スタイルとして定着していることからも、葬儀会場の中には小規模なお葬式専用の部屋や大きな部屋に間仕切りを設けてコンパクトにしているところなど、ネットで家族葬の斎場などのキーワードで検索すれば最適な施設を見つけることが可能です。

新着情報

◎2024/4/1

情報を更新しました。
>一日で分かる家族葬の基礎知識と心のこもったお別れの方法
>家族葬を行う際のセレモニーホール選びのポイント
>自治体のサポートも活用して家族葬を行うための知識と手続きの全ガイド
>家族葬における心温まるサービスとは?選び方からポイントまで詳しく解説
>家族葬を迎えるための準備ガイド:事前に知っておきたいポイントと進め方

◎2023/6/1

情報を更新しました。
>少人数で行われる家族葬が選ばれる理由を知る
>外国では古来から執り行われてきた家族葬が主流となる
>家族葬なら愛するペットも参加できる場合がある
>家族葬の歴史や生まれた背景について知りたい
>似ているようで異なる家族葬と密葬との違いは

◎2022/8/9

情報を追加しました。


>家族葬ではどのようなトラブルが発生するのか事前に把握しておこう
>家族葬で行われている特別な演出やプランについて
>家族葬を執り行うと決めた場合、参列者はどこまで呼んだら良いか
>家族葬に参列する人が守るべきマナーについて
>同じイメージがある家族葬と密葬との違いをチェック

◎2021/12/3

精進料理は小さなお葬式で選びたいのページを追加しました

◎2021/10/1

事前に知りたい家族葬にかかる予算のページを追加しました

◎2021/7/15

サイト公開しました

1人私の父の時も、費用の関係で民営ではなく公営の斎場にしましたから。家族葬で良かったのに、狭い部屋が埋まっていて50人は入れる広い部屋しかなく、少々恥ずかしかったですよ。

数日前に祖母を亡くし、お通夜とお葬式と初七日を一気に済ませた。 家族葬だったから身内のみでやった。 住職さんはノーマスクで、斎場でもチラホラノーマスクの人がいた。 こんな時にそんな事考えるなと思うんやけど、でもどんどん普通に戻ってるのっていいことよね😊

会葬者20名様での家族葬のご葬儀事例を総額費用も含めてご紹介。堺市立斎場第一大式場で式をされ、火葬は堺市立斎場で執り行われました。市民葬プラン27.5をご利用されお見送りされた事例となっています。是非ご参考ください。

-->
Copyright (C) 2021 葬儀で後悔しないために. All Rights Reserved.